セントジェームズ・ウエッソン★レディースサイズ感をレポート!【着画あり】

シンプルファッションの定番・セントジェームズ。特にOUESSANT(ウェッソン)というシリーズは定番中の定番。

何にでも合わせやすく、おしゃれにきまるので重宝しています💓

ただ購入するまでには悩みました。フランスのメーカーなので、サイズ選びが難しい💦「縮むので注意!」ともよく言われます。

こちらの記事では、セントジェームズのウェッソンのサイズ感について、ご紹介します(╹◡╹)

サイズ感を知りたい方」「購入前に悩んでいる方」の参考になれば嬉しいです。

セントジェームズ・ウェッソン

セントジェームズは、1889年に創設されたフランスのメーカーです。地元の漁師や船乗りたちの仕事着としてスタートしました。

本国のサイトを見ると、タンクトップやコートなどもありますが、日本では断然「ボーダーTシャツ」が人気です💡

中でも「ウェッソン」と呼ばれる、コットンシャツは定番中の定番✨セントジェームズのサイトでも一番上に出てきます◎

原型は、ノルマンディー地方の漁師や船乗り達が着ていたもの。素材とカタチが、実用的に考えられています。

コットン100%のしっかりした生地感!

洗濯機で気にせず洗えます◎襟周りも伸びにくく、丈夫さが魅力の一つです✨

ボーダーと無地がありますが、私はファーストウェッソンは無地を選びました(^ν^)

購入前に注意したいこと

女性のサイズ展開はこんな感じ(もっと大きいサイズもあります)👇

 着丈 袖丈 胸囲 肩幅
T0 (XS) 5950.5 85 39
T1 (XS〜S) 6051 8841
T3 (S〜M) 6452 96 45
T4 (M〜L  / メンズS) 6856.5 10047

購入の時に注意したいのが、サイズ選びです。

公式サイトにもこんな感じで書いてあります👇

洗濯による縮みは、洗い方や回数にもよりますが、着丈・袖丈ともに縦に2センチ前後縮みます

ただし糸を先染めする製造過程で、色によって染色液に浸ける時間を変えて調整しているため、それぞれの糸自体の状態が微妙に異なっています。

そのことにより、同サイズ表示のシャツでも色によって若干(1センチ前後)のサイズの違い、洗濯による縮み具合も違うことがあります。

SAINT JAMESより引用

基本的に「洗濯をすると、袖と丈が2センチ縮む」ということです💡

けれど、私の実感としてはそこまで縮んだ感じはしません。夫もウェッソンの無地と、ボーダーを2年ほど着ていますが、同意見。

個人的には、縮むことをそこまで考えて買わなくても、よかったかも?と思います。

女性の場合、T0とT1で悩む方も多いのではないでしょうか❓

その二つの場合、サイズはそこまで変わらないです。胸囲が3センチ違うだけで、あとは1,2センチの差💡

試着して「胸周りがピチピチ」「肩が動かしにくい」等なければ、サイズはあげなくても良いと感じました。

実際着てみたサイズ感

実際着ているのはこんな感じ。サイズはT1です。着用歴1年。

ちなみに身長155cm、上半身は比較的痩せ型。ユニクロや無印では、トップスはSを選んでいます。

T0とT1を試着した結果、T0は少しタイト過ぎたので💦少し大き目、T1をチョイスしました。

着丈、袖丈は結構ながめ。くるぶし、ウエストは隠れます。

以前ORCIVALのバスクシャツ(無地)を持っていたのですが、それより少し長め&大きめと感じます。

袖が少し長いなーと思うときは、一回折ってます。ブレスレットや時計を見せたいときに◎

ウエストインするとスッキリ見えます。基本的にウエストインして着ています(╹◡╹)

特にボトムスがゆるいシルエットの時は、必ず!

まとめ

セントジェームズOUESSANT(ウェッソン)は定番アイテム。

何にでも合わせやすく、おしゃれにきまります💓

購入する時は「2センチ位短くなる」ことを考慮して、選びましょう◎

ポイントは「胸囲と肩幅」のサイズ感をチェックする事。袖と身丈は縮んでしまっても、「変!もう着れない!」という事にはなりづらいです(╹◡╹)

少しでも参考になれば嬉しいです。

オススメ関連記事

▼なるべく長く愛用できるものを選びたい💡オーロラシューズ、お気に入りです。

4年愛用中♡オーロラシューズの経年変化を写真付きでご紹介します

▼マリメッコのボーダーも丈夫です✨ガシガシ洗濯しても伸びない!

【ミニマリスト】クラフトマーケットへのコーデとカバンの中身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です