【旅女の裏ワザ】ホテル代を劇的に安くする方法5選

セルフマタニティフォトのお洒落な撮り方とコツ7選【写真例あり】

妊娠中、念願のマタニティフォトを撮影しました。

コロナ禍ということもあり、セルフで撮影。

カメラには慣れているけど、人物撮影をすることはあまりないので、多少不安だったのですが…

結果、とても満足できる写真を撮ることができました。いい思い出が残せて嬉しい!

そこでこちらの記事では、セルフマタニティフォトの撮り方と、実際撮った写真をご紹介します。

  • マタニティフォトを撮りたい
  • マタニティフォトのアイディアを探している妊婦さん

こんな方の参考になれば嬉しいです☺️

注意
お腹の写真、エコー写真が出てくるので注意です!

撮影に使ったカメラや機材

まずは撮影で使ったカメラ機材をご紹介します。

どんなカメラを使ったか気になる方もいるかなと思うので、参考までにどうぞ!

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥229,600 (2022/06/26 15:54:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥87,850 (2022/06/26 20:54:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥9,800 (2022/06/27 01:01:00時点 Amazon調べ-詳細)

普段仕事でも使っているカメラです。(【撮影機材】仕事用のカメラ、機材グッズ全部見せますの記事に詳細あります。)

お値段はするけど、「子供が生まれたら、いい写真で思い出を残したい」という人にはオススメです。

普通の一眼レフカメラより断然軽い&コンパクトで、女性でも持ち運びやすいです☺︎

ちなみにレンズは単焦点レンズがオススメ!前ボケ&背景ボケの写真が撮れるので、一気にプロっぽい写真になります。

もちろん、iPhoneなどでも十分キレイに撮れると思うので、カメラがない方はスマホでもOK。

スマホ用の三脚はこちら。

【2021進化版】 自撮り棒 Bluetooth セルカ棒
Ginova

リモコンが付いていているので、セルフ撮影でも便利です。

マタニティフォトで気をつけたこと

マタニティフォトは賛否両論あります。

(というか、苦手な人の方が多いですよね。)

自分自身、妊婦になる前は「なんで撮るんだろう?」と疑問でした😅

「でも一生に一度の思い出を残したいし、可能ならば見せたい人もいる!」という思いもあって、今回マタニティフォトを撮りました。

そこで撮影にあたって、気をつけたポイントは以下の通り。

  • 生々しくならないように気をつけた
  • 露出しすぎない

SNSなどに載せたい人は、露出は抑えたほうがいいと思います。

とくにお腹を露出する写真は、要注意!

生々しくなり過ぎてしまうことが多いです。

例えば上に載せたワンピースの写真は、お腹も出していないので、人にも見てもらいやすいかなと思います。

もちろん人に見せずに、自分たちだけで楽しむ場合は、好きなように!

あとで振り返ったときに「マタニティライフ楽しかったなぁ」と思えるよう、自由に撮ってください☺️

⚠️以下、お腹の写真&エコー写真が出てきます!

マタニティフォトの撮り方とコツ【7選】

①妊娠後期に撮影する

お腹が最大に大きい「妊娠後期」に撮影がオススメです。

下の写真は、妊娠6ヶ月くらいで撮ってみたもの。

その当時は「結構お腹大きくなったな」と思っていたのですが、やっぱり妊娠後期と比べると見た目が全然違います。

以下で載せる写真は、臨月に入ってから(妊娠10ヶ月)撮影しました。

服を着ていても、大きなお腹が分かるのでオススメです。

注意
体調には十分気を付けながら撮影しましょう!

②オシャレな撮影小物を使う

オシャレな写真は、オシャレな小物選びから。

インスタやPinterestで、色んなマタニティフォトを研究して、撮影小物は家にあるものを総動員しました。

・ドライフラワー数種類
・大きめの白い布
・カゴ
・ブランケット

やっぱりドライフラワーはオシャレに見えます。

この写真は、適当にドライフラワーとカゴを置いただけ。スタジオとはほど遠い普通の部屋も、なんとなくオシャレっぽくなって満足です!

ドライフラワーのスワッグは顔を隠すのにもぴったり。(私はminneで購入しました!)

SNSに投稿しているマタニティフォトは、スワッグで顔を隠すポーズが多いです。

他にも撮影小物として、ガーランドやフェアリーライト、バルーンなどもいいなと思います。

「マタニティフォト プロップス」などで検索すると、好みのものが見つかるはず。

私の楽天ROOMにも、良さそうなものをまとめたので、気になる方はぜひチェックしてみてください☺️

③写真の色味をそろえる

オシャレな写真にするポイントは、色味を揃えること。

とくに白やベージュ系で小物と服を揃えると、イノセントな雰囲気になってマタニティフォトにぴったりです。

上の写真は、ドライフラワーを使って前ボケさせたので、より幻想的な雰囲気になりました。

④夫婦撮影は自然体で

夫婦で撮影するときは、ナチュラルな雰囲気を意識するといいかなと思います。

白シャツを着たり。

こちらはペアルックっぽい雰囲気で、おそろいのA.P.Cのデニムを履きました。

カメラ目線ではなく、お互いを見つめて撮ると、仲良い雰囲気が出てオススメです。

⑤エコー写真と撮る

思い出を残すのにぴったりなのが、エコー写真と撮ること。

この写真は大きなお腹の上から、足元を撮影しました。

エコー写真を人に見せるのは微妙かもしれないけど、思い出としてぜひ!

Risu

もしSNS等に載せるときは、個人情報(病院名など)に気をつけましょう!

⑥前ボケを入れる

一眼レフで撮影するなら、前ボケを入れると本格的っぽくなります。

この写真はカメラレンズのすぐ前に、ドライフラワーを置いて撮りました。

前ボケが入ると、写真に立体感が出てオシャレ♡

(iPhoneのポートレート機能でも、同じようにボケさせることができるかも!試してみてください)

⑦フィルター加工する

フィルターで写真を加工すると、一気にオシャレな雰囲気になります。

今回は、王道の「VSCO」のスマホアプリで加工しました。

・A6のフィルター(フィルムっぽいレトロな雰囲気になる)
・彩度を下げる(肌を露出していても生々しさが減る)
・粒子をのせる(ザラつきを足してさらにフィルムっぽく)

ちなみにこの写真は、自宅ドレッサーの鏡越しに撮影しました。

ちょっと変わった構図になってお気に入り☺️

まとめ

以上、マタニティフォトの撮り方と写真例をご紹介しました!

本当はフォトグラファーさんにお願いしたり、スタジオで撮影も検討したけど、結果セルフで撮れてよかったと思います。

自然体、ノーストレスで撮れました。

一生に一度の思い出を残すために。

少しでも参考になれば嬉しいです☺️