旅好き女子による旅のコツ・お得情報

ゲストハウスで国際交流!最低限知っておくべきマナーと、便利な英語フレーズ10選

ゲストハウスの醍醐味は、世界中の旅人と出会えること。普通のホテルに比べて、ゲスト同士でコミュニケーションを取る機会が圧倒的に多いです✨

仲良くなった同室の子と、ご飯を食べに行く。そのまま一緒に旅を回る・・そんな素敵な出会いが、普通にあります(^ν^)

こちらの記事では、ゲストハウスで使える英語フレーズをご紹介します💡

マナーとして使える簡単なフレーズです。最低限のマナーを知っておくと、より快適に過ごせます◎

無理して会話しよう、と思わなくても大丈夫☺一言声をかけて、きっかけを作れたら、仲良くなれるチャンスも!

ゲストハウスで快適に過ごしましょう💕

ゲストハウスのマナー

ゲストハウスとは、低価格で泊まれる宿泊施設のこと

バックパッカーや、宿泊費を抑えたい方に人気です💡若者が多いですが、いろいろな年齢層の方がいます。

部屋は、ドミトリーと呼ばれる相部屋が基本。キッチンやシャワー、トイレが、共同スペースです。つまり、ベッド以外は他のゲストとシェアすることに。

その分、ゲスト同士でコミュニケーションを取る機会も多いです。

例えば部屋に入った時や、シャワーを待っている時など。ゲスト同士で声をかけ合う光景はよくあります。

喋らなくても問題ありませんが、声をかけた方が、断然快適に過ごせます

最低限のマナーですね☺

例えば、日本人同士で考えてみましょう。会社の廊下をすれ違うとき。居酒屋のトイレなど。知らない人でも、軽く会釈したり「どうぞ」と声をかけたりしませんか❓

それと同じ。難しい言葉はいりません。お互いが気持ちよく過ごすための、最低限のマナー💡

一番簡単かつ大切なのは、「Hi」「Thank you」

まずは気軽に挨拶から。目があったら、気軽に声をかけてみましょう。何かしてもらったら感謝を伝えましょう✨

ゲストハウスで使える英語フレーズ

HiやThank youだけでも大丈夫ですが、さらに一言あるとGOOD👍

それぞれのシチュエーションで使えるフレーズを、ご紹介していきます(^ν^)

Hi, I’m ◯◯.  /やあ、◯◯です。

まずは自己紹介から。部屋に入ったとき目が合えば、自己紹介してみましょう!

無理して名乗る必要はないです。ただ、みんなフランクな雰囲気で自己紹介しますね。

自己紹介の時、笑顔も忘れずに💕握手は相手次第なので、その相手に合わせましょう◎ラテン系の方だと、頰にキスしてくれる方もいます(゚ω゚)

相手によっては(忙しそう、話す雰囲気じゃなさそう)HiだけでもOK。無言でいるより声をかけたほうが、その後過ごしやすいです。

Where are you from?  /どこから来たの?

旅人同士、良く聞く質問です。話のきっかけ作りに最適。意外な共通点が見つかるかも?

行った事がある場所なら「I went there 3 years ago! 3年前に行った事があるよ」「 I thought the food was amazing. 食事が最高だった」など、話を広げられます🌟

行った事のない場所なら、どんな場所か聞いてみましょう。「What’s ◯◯ like? ◯◯はどんな場所なの?

逆に出身地を聞かれた場合👉Japanだけでなく、詳しい地名を答えるとさらに良いです◎例えば「I’m from Yokohama in Japan. It is near Tokyo. 日本の横浜出身、東京の近くだよ。」など。

What brings you here?  /ここに来たきっかけは?

こちらも、会話のきっかけ作りに最適なフレーズ。来た理由を尋ねてみましょう。

観光で来ているのなら「Did you go to ◯◯? ◯◯には行った?」など、会話を広げていきやすいです。

ちなみに「Why did you come to ◯◯? 」は、失礼な響きになるのでNG✖気をつけましょう💦私は何度も使ってしまった・・

I love your ◯◯.  /あなたの◯◯気に入った

英語ネイティブ方が良く使う、会話テクニック!相手の持ち物や、ヘアスタイルを褒める事です✨

私がゲストハウスで働いていた時、何度も言われました。特にアメリカ人は褒め上手!

「I love your outfit! あなたの服装が好き!」「I really like your hairstyle. あなたのヘアスタイルが好き

恥ずかしがらずに、伝えてみましょう。相手もいい気分になってくれますよ☺

Is this seat taken?  /この席空いてる?

キッチンやリビングで使えるフレーズ。「Is anybody sitting here? 誰かここに座ってる?」も使えます◎

共有部分が多いのがゲストハウス。リビングやキッチンには、先客がいる事が多いです💡

無言で座ってももちろんいいですが、声をかけたほうが気まずくない。人によっては、誰かと喋りたくて、そこに座っている人もいます💡

一言声をかけるだけで、仲良くなれるかも!?キッチンとリビングは、人と喋りたいときに最適な場所です🌟

注意点としては、夜は騒ぎすぎないようにすること💦盛り上がってそのままビールで乾杯!となっても騒音には気をつけましょう☺

Could you tell me the wifi password please? / Wi-Fiのパスワードを教えてもらえますか?

最近は、どこのゲストハウスもWi-Fiがあります💡

パスワードが必要な事が多いので、確認したいとき便利です。(大抵チェックインのときに教えてもらるか、壁に貼ってあることも多い)

Can I have the Wi-Fi password?」や「How do I access the wifi here?]でもOK。

Can I use ◯◯?  /これ使ってもいい?

色んなシチュエーションで使える、便利なフレーズ。キッチンや部屋の物を使ってもいいか、聞くとき便利です。

例えばキッチンに誰かいるとき「Can I use the microwave? 電子レンジ使ってもいい?

Can I〜?の文章はとっても便利です。例えば、他にはこんなフレーズも使えます👇

「Can I charge my phone here? ここで携帯充電してもいい?」「Can I turn off the light? 電気を消してもいい?

Excuse me. Do you know where ◯◯ is?  /すみません、◯◯がどこにあるか知ってる?

探し物があるときに便利なフレーズがこちら。宿のスタッフや同室の子に聞いてみましょう。

◯◯に、bathroomやshowerなどの場所や、chopsticksやcupなどの物を入れて、使ってください💡

「Excuse me すみません」と前置きをしたほうが、丁寧です。「I’m sorry to bother you. 邪魔してすみません」も前置きとして、使えます。

after you.  /お先にどうぞ

エレベーターや階段などで使えるフレーズ。先に人を乗せたり、通ってもらうときに使えます。他にも「Please go ahead」が同じ意味です。

ゲストハウスは、エレベーターや通路が狭いことも多い💦先に譲った方が親切です。

ただあなたが女性の場合💡男性に「after you」と言われたら、素直に「Thank you」と行って、先に通らせてもらいましょう(・∀・)レディーファースト🌟

It was nice meeting you.  /会えてよかったです

こちらも、旅先でよく使いました!

初対面の人と会話した後に、使うフレーズです。会話の終わりに使うので、去る間際に使えます。

相手に先に言われたら「It was nice meeting you, too.」や省力して「you too」と言えばOKです◎

まとめ

以上、ゲストハウスの最低限のマナーと、使える10フレーズをご紹介しました(╹◡╹)

ゲストハウスは、旅人同士でコミュニケーション取れるのが楽しい!旅の出会いを楽しみに泊まる方も多いです🌟

ただ、コミュニケーション取らないとダメ!というわけではありません。無理して会話する必要はないです。

挨拶と、感謝の言葉だけは忘れずに🌟最低限のマナーを守って、快適に過ごしましょう💕

ちなみに、ゲストハウスの予約はBooking.comがオススメ☺世界一周の際とても便利でした!世界223ヶ国、8万の目的地別で検索できます◎


オススメ関連記事

▼英語で会話するときに便利なのが、相づち。覚えやすい簡単な表現をご紹介します◎

Yesだけじゃない!ネイティブの友達がよく使う英語の相づち30選

▼ゲストハウス滞在をもっと快適に!相部屋で役立つアイテムをまとめました🌟

女性限定!男女混合ドミトリーで便利な旅行アイテムを8つ厳選しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です