【2018益子陶器市】よしざわ窯など陶器市を楽しむ4つのルール

毎年のお楽しみの一つが益子陶器市

栃木県益子町で年に2回開催される大きな陶器市です。毎年行っている、大好きな陶器市です(๑˃̵ᴗ˂̵)

街全体が会場なので、見るべき場所がたくさんあります🌟

初めての方でも、効率良く楽しむためのルールを4つご紹介します。おすすめ作家さん&ショップも合わせてどうぞ(^ν^)

益子陶器市

概要

年に2回開催。春のゴールデンウイーク秋の11月3日前後に開催されています💡

販売店約50店舗+約500のテントが集まります。すごい規模!✨伝統的な益子焼から、カップやお皿、ブローチなど種類は様々◎

2018年の春は4月28日(土)~5月6日(日)の開催です!

アクセス

駐車場は、無料有料合わせて10か所以上あります。

共販センターの裏の駐車場が広いので、停める事が多いです💡会場の中心地近くなので、便利!8時前だと、待つ事なく停められます◯

陶器市の始まる9時頃には満車も増え、渋滞も!なるべく早く行くことをオススメします。

こちらから駐車場チェックできます。目星を付けてから行くと良いですよ🌟
駐車場・トイレマップ

電車

東京から電車で行ったこともあります🌟

JR小山駅で水戸線に乗換え下館駅まで約26分→下館で真岡鐵道に乗換え約45分→益子駅。

乗り換えが少し大変ですが💦電車を降りてからは、陶器市の中心地までお店やカフェも💡楽しみながら歩けます🌟

バス

秋葉原から「関東やきものライナー」というバスが運行しています✨

乗り換えなしで行けるので、都内からならこのバスが便利!

一番最初の便の秋葉原8:20→益子10:50がオススメです💡
詳しくはこちらをどうぞ!>茨城交通

陶器市の4つのルール

❶朝早くスタートする

益子陶器市は午前9時から!ですがお店によっては、それよりも早くからやっています。

お昼になるに連れ、会場はどんどん混んでいきます。早めのスタートがおすすめです🌟車なら駐車場も混むので、8時前には着いていると良いです◎

遠方からなら泊まりもおすすめです🌟

益古時計が近くて良かったです!アットホームな雰囲気でゆっくり過ごせました✨チェックアウト後も駐車場が借りられて嬉しい〜!

益子舘 里山リゾートホテルも陶器市まで頑張れば歩けそうです◎

❷人気のショップは早めにチェック!

人気ショップ&作家さんは、あっという間に売れていきます💦

狙っているモノがあるのなら、一番に行きましょう!広瀬佳子さん豊田雅代さんなどなど。人気作家さんのものは売り切れ必須💦

なるべく早い時間に行きましょう🌟

よしざわ窯

毎年大人気のよしざわ窯!超混みます💦

おしゃれでシンプルなデザインが魅力です💜展示も可愛い(╹◡╹)

場所は、つかもと広場よしざわ窯作業場(益子町益子3319-1)💡
大きなたぬきが目印の「益子焼窯元共販センター」から歩いて10分程のところです。

こちら、大人気ショップのため、事前に整理券が必要な時間帯があります💦(郵送による抽選)

また状況によっては、開店時間に整理券が配られ、終日、当日整理券(入替制)による入場になる場合も!(◎_◎;)

2018年のスケジュールは以下の通り👇

4月28日(土)  …「アウトレット品+A品販売」OPEN 8時 ― CLOSE 17時
           
  29日(日)  …「アウトレット品+A品販売」OPEN 8時 ― CLOSE 17時
           
  30日(月・祝)…在庫がある場合のみ販売を行います。OPEN 8時 ― CLOSE 17時
    
5月 1日 (火)   …「スズランの日(仮称)」OPEN 9時 ― CLOSE 17時
           フランスの行事「スズランの日」にちなんだ器を販売予定です。
           その他在庫があるものを販売
           
   2日(水)  …「リアルアップ(仮称)!」(A品販売)OPEN 9時 ― CLOSE 17時
           普段WEBで販売しているのと同様に新作や新色の商品、定番商品を販売します。
           会場の雰囲気も少しだけリアルなWEB風にできたらいいな…と思っています。
 
   3日(木・祝)~6日(日)…在庫がある場合のみ販売を行います。
                 OPEN 8時― CLOSE 17時(最終日は15時まで)
                 

on the table(よしざわ窯)より引用

私が今まで行った陶器市では、ほとんど商品が残っていなかったり、混んでいて入れなかったり・・💦

2017年にやっとこちらのお皿を購入しました!(箸置きは別のところ)👇可愛い💓

HASU工房

HASU工房、とってもお気に入り!場所はTOKO PARK。

釉薬が個性的で、一点一点違うのが楽しい!そば猪口が大のお気に入り💓毎日使っています。

❸気になるものがあったら場所をメモ

会場はとっても広いです!

後で戻ってこよ〜!

と思っても、なかなかたどり着けません⚠初めて行った時は、そんな失敗ばかりでした😅

残っているか分からないので即決がベストですが💡気になるものがあれば場所をメモ!詳しい地図は現地でもらうか、こちらから確認できます。>益子陶器市MAP

私的に外せない会場は、かまぐれの丘、TOKO PARK、じゃりん小径です⭐

❹休憩はきちんととる

あまりの可愛いモノにアドレナリン放出状態🔥ですが、休憩は必須です!

春の陶器市、日中は暑くなることも多いです💡帽子をかぶったり、こまめに水分を取りましょう(╹◡╹)花粉症の方はティッシュやマスクも忘れずに💦山の中にあるからか、花粉結構感じます😅

休憩するならゆっくりできるカフェがオススメです🌟

starnet

私は毎回starnetでランチ&お茶しています💡

大人気のおしゃれカフェです🌟待つこともありますが、併設された雑貨屋さんを見ながら待てます◎

益子陶器市からも歩いて行ける距離なのでオススメです💜(駐車場もありますが、混んでいる可能性も💦)

まとめ

以上、益子陶器市のご紹介でした💡

2018年の春は4月28日(土)~5月6日(日)に開催されます

❶早朝からスタートする
❷人気のショップは早めにチェック
❸気になるものがあれば場所をメモ
❹休憩はきちんと取る

お気に入りのものが見つかりますように!楽しんでくださいね(^ν^)

 

オススメ関連記事

▼お気に入りの器で飲むお茶は格別です💓美味しい淹れ方をご紹介します。

senchaお茶農家さんから教わった、素人でも美味しい煎茶を淹れる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です